ベアクラント地方

オーストリアのワイン生産は2つの重要なワイン生産地、すなわちヴァインラント(ドナウ圏、ヴァインフィアテルとパノニア圏)及びシュタイアーラント(シュタイヤーマーク南部)に集中しているものの、ベアクラント(ケアンテン、オーバーエスタライヒ、ザルツブルク、チロル、そしてフォーアールベアク)にもワイン畑が存在する。ワインの性質は、アトランティック気候とアルプスに近いということに影響を受けている。

自然に関しては、年間平均気温が低めの気候であるため、ブドウが植えられる場所は、南向きの冷気から守られた特別な斜面、或は特別に暖かなミクロクリマの孤立地域など、特に恵まれた区画に限定され、それらはしばしば、既に地名学において何世紀にもわたり、ブドウ生産区画として呼びならわされて来た。今日この地方のブドウ耕作は、その失われた伝統を示唆する数多くの場所、拠点、そして草原の名前が残っているにもかかわらず、例えば中世と較べてかなり減少している。

昨今、地球温暖化が引き起こされているのが観察されるようになると、ベアクラントのブドウ作りは再び、特にワイン産地ケアンテン地方において復活の兆しを見せている。
アルプス由来の冷涼な気候は、伝統的にシャルドネ、ミュラー=トゥルガウ、フリューローター・ヴェルトリーナー、ブーヴィエ、ムスカット・オットネール、ピノ・グリ、ブラウアー・ポルトギーザー、或はブラウブルガーといった早熟なブドウに有利だ。気候変化によって暖かい畑では次第に、やや晩熟品種、例えばグリューナー・ヴェルトリーナー、リースリング(例えばモーゼル・スタイルのいくらか残糖のあるもの)、 ヴェルシュリースリングソーヴィニヨン・ブラン、ムスカテラー、トラミーナーヴァイスブルグンダーピノ・ノワール、ツヴァイゲルト或はレースラーのクヴァリテーツワインの生産も可能にしつつある。