6. 価値

家族経営のワイナリーがオーストリアのワイン業界の主流で、それゆえに大量生産はその中心的存在ではない。

A picture shows a bottle of Austrian Wine
© AWMB

こうした産業構造や職人的手作業による高い労働集約性、厳しい収量制限の結果、ワイン生産国としてのオーストリアは、エントリーレベルの価格帯においては、例外的機会(豊作、特別なマーケティングやセールス…)にしか存在し得ない。

いずれにしてもオーストリアワインはすべての価格帯で傑出したお買い得品だ。多くの国外でも名の通ったワイナリーは、10~20€の価格において、国際的には通常それより顕著に高い価格を払わねばならない品質のワインを提供している。特に際立つのは、オーストリアのトップクラス・ワインの価格優位性についての国際的評判の高さだ、あるアメリカの主力インポーターかつワイン専門家は以下のように要約する。;「グリューナー・ヴェルトリーナーはファインワインの世界におけるグレーテスト・ヴァリューだ。価格を上げれば上げるほどコスパが上がる。」 この言葉はグリューナー以外の他のトップセグメントのオーストリアワインにも当てはまる。