ワイン法

オーストリアワイン法は、ヨーロッパ・ワイン法に基づいている。しかしながら、オーストリアは、その自律性をある程度維持し、原産地統制、法定最大収穫量、クオリティー・ワインの称号、そしてワインの公的品質管理などを保持してきた。

オーストリアワインは原産地を持つワイン(クオリティー・ワイン、DAC、ラントヴァイン)、或いはオーストリア産ジェネリック・ワインとなる。カテゴリーはブドウの原産地、クロスターノイブルク・モスト・ヴァーゲ(KMW)スケールで表された果汁の糖含有量、によって規定される。クオリティー・ワイン或いは産地典型クオリティー・ワイン(DAC)のブドウは、オーストリアに単一のブドウ産地産のブドウでなければならない。ラントヴァインは、一般的により大きなワイン産地からのブドウを用いる ( ワイン呼称についてはここをクリック ) 。ウィンラベルには以下の情報を記載しなければならない;産地、品種、ヴィンテージ、品質等級、容量アルコール含有量、残糖分の示唆(i.e.辛口、等)、国家管理番号と生産者あるいは瓶詰め者の名前。オーストリアワイン法は、最大収量を,ヘクタール当たり9,000kgのブドウ、またはヘクタール当たり6,750リッットル(hl/ha)を、ラントヴァイン、クヴァリテーツヴァイン(クオリティー・ワイン)とプレディカーツヴァイン(肩書付クオリティー・ワイン)の最大収量と定めている。この制限を越えると、全ての量は、産地なしのワインに格下げされる。そうしたワインは産地、品種、ヴィンテージに関する表示なしで売られる。(保護地理的表示のないワインがヴィンテージとブドウ品種をラベルに表示した場合、ラントヴァインの要件が満たされねばならない。)

リンク

ワイン法詳細