ビオディナミ農法

ビオディナミの経済思想はルドルフ・シュタイナーの思想に依拠しています。

ビオディナミ農法はオーガニック=ビオロジック農法の更に進んだ生産技法だ。この生産技法の目的は、ワイナリーにとって自覚することが非常に難しいことなのだが、ビジネスのホリスティクな観点(人間、動物、植物)と、輪作と牧畜業の閉じた円環構造を実り多いものにする点にある。オーガニック=ビオロジック農法で使われる作物強化剤と並んで、角に詰めた水晶や糞などの、特別な働きをするプレパラート(調剤:科学的な効力は証明されていない)や、様々な植物抽出物といった補助手段が用いられる。作物強化剤とは、作物に対して有害な生命体に対する耐性を上げることだけに効果が限定され、非寄生的副作用から作物を守る働きをする物質だ。(つまり、害虫や病気に直接的な効果を及ぼさない。そうした病害が存在する場合には、許可された作物保護剤が存在する。作物強化剤の大部分は化学合成物ではなく自然由来のものだ。処方の実効は、法律上要求されてはいない。)

ホリスティックな観点は、月の周期が生物に及ぼす影響など、宇宙の成り立ちをも包括する。種蒔きとセラーワークは、ワイナリーの構造と天候が許す範囲で、宇宙の星の配置を考慮して行われる。(一定の星の配置が畑作業とセラー作業に及ぼす効果は科学的に証明されていない。)

オーガニック=ビオロジカル農法同様、易溶性科学合成肥料及び除草剤は禁止されている。土壌分析に基づきミネラル肥料の使用は可能だ。残念ながら、ワイナリーで有機肥料を十分な量賄うのは簡単ではない。従って有機肥料は購入することになるが、それもは有機農法で運営される経営体が提供するものでなければならない。

ビオディナミのワイナリーは、ワイナリーにおいて使用されるいかなる物質・手段も遺伝子操作をしていないことを保証する。

A picture shows a vineyard in spring
Vineyard, © AWMB / Committee Kamptal