有機農法

有機農法の最も重要な特徴は、易溶性ミネラル肥料と除草剤の使用を禁じていること、土壌を丁寧に耕作することを通して土の健康と養分を自然に促進すること、そして自然物質の循環を考慮に入れて畑を管理することだ。

ブドウのorganic-biological農法は、オーガニック農法、或はビオワインとしても知られている。統合農法と異なる点は、化学合成窒素肥料、易水溶性リン肥料、そして化学合成殺虫剤、同様に化学除草剤を土壌の手入れに使用することが禁じられているところだ。

オーガニック農法では、作物ケア剤(作物強化剤)だけではなく、一定の許可された作物保護剤が用いられる。作物強化剤とは、作物に対して有害な生命体に対する耐性を上げることだけに効果が限定され、非寄生的副作用から作物を守る働きをする物質だ。(つまり、害虫や病気に直接的な効果を及ぼさない。そうした病害が存在する場合には、許可された作物保護剤が存在する。作物強化剤の大部分は化学合成物ではなく自然由来のものだ。処方の実効は、法律上要求されてはいない。)それらの中で、銅と亜硫酸を含む調剤は、うどん粉病とベト病と闘う上で、最も重要な意味を持つ。

ワインの生産に当たっては、"ワイン法”及び、有機農法で生産されたブドウの加工"コーデックス”にリストアップされた製品が適用される。2012年ヴィンテージより、有機農法ブドウのワインは、SO2含有量が削減される。

こうした農法から造られた製品は、有機及びエコロジー農法で生産されたブドウから造られたワイン、と称される。というのは、農業規定はブドウ生産についてのみ適用されるからだ。2012年ヴィンテージからは、“ビオワイン”或は“エコワイン”という表現が許される。EUビロ・ロゴをコードナンバー付で使用することが義務付けられる。

認可されたオーストリアの監査団体がEU法及び有機農法団体のガイドラインの遵守を保証する。

除草剤及び特定の作物保護剤の使用を禁じることにより、作物ケア剤や、畝間の物理的な土起こし(土を柔らかくする作業)が行われ、耕作と作物の保護のためにより多くの時間とコストを投入する必要が出る。しかしこれによって、ブドウ畑の生態系におけるバイオダイヴァーシティーに、顕著な貢献が保証される。

A picture shows a vineyard
Vineyard, © AWMB / Committee Kamptal