カベルネ・フラン (Cabernet Franc)

A picture shows grapes of the grape variety  Cabernet Franc
© AWMB / Oberleitner

原産地フランス、ボルドー

起源:野生ブドウからのセレクション
カベルネ・フランは非常に古いブドウ品種。そのソーヴィニヨン・ブランとの自然交配によって、カベルネ・ソーヴィニヨンが生まれた。

栽培面積:74ha、0.2%
この品種は1986年以来、オーストリアのクヴァリテーツヴァインへの使用を認められ、ブルゲンラントとニーダーエスタライヒにおいて栽培されている。

ブドウ分類学上の重要点

:5から7つの切れ込み、深い切れ込み

ブドウの房:中位、中密な、円錐形、副果を欠くか小さい、丸く楕円の青黒色の実。
成熟期:遅非常に遅い

重要性、生育要件:ブルゲンラントでは比較的大きな栽培面積があるという例外を除いて、オーストリアにおいてカベルネ・フランは、比較的珍しい。この品種はメルロとともに、ボルドー・ブレンドのパートナーとして用いられる。
丈夫に育ち、痩せた土壌に向くが、晩熟のため非常に良い立地が必要。

ワイン:カベルネ・フランはカベルネ・ソーヴィニヨンほど力強くなく、より明るい色で、ブケもボディも軽い。しばしばカベルネ・ソーヴィニヨンとブレンドされ、小樽で熟成される。未熟なブドウはグラッシーで青いワインとなる。