ショイレーベ (Scheurebe)

A picture shows grapes of the grape variety Scheurebe
© AWMB / Oberleitner

原産地:ドイツ、ブドウ栽培国家施設、アルツァイ。

起源:1916年にゲオルク・ショイにより“ゼームリング”として、リースリング(或いは依然不明のブドウ)からの種苗品種として、アルツァイにある国家ブドウ栽培施設で生み出された。ショイは彼の若い苗木の全てに順に番号を振っており、この品種の実生番号は88であったため、ゼームリング88は“ショイ・ブドウ”、或いはショイレーベの同義語となった。

栽培面積:357ha、0.8%

ほとんどがブルゲンラントとシュタイヤーマークで栽培される。1999年から2009年の間に、この品種のオーストリアにおける全栽培面積は25%落下。従って、重要性は下降している。

ブドウ分類学上の重要点

:中位のサイズ、円形、深い切れ込み

ブドウの房:中位のサイズ;円筒形;肩の張った;密な、丸形の黄緑の実、典型的なマスカットのニュアンスをもつゼームリンクの風味。

成熟期:中期

重要性、生育要件:重要性は減少しつつある。ノイジードラーゼーにおいては、TBA、シュトローヴァインやシルフヴァインのスタイルが造られる。
畑の良好な立地を要する;乾燥と石灰分に対する高い耐性、そして冬霜にも強いことが知られている。

ワイン:完熟したブドウのみがフル・ボディのワインをもたらす。未熟なブドウではゼームリング・トーンがアカラサマで、不快。しっかり完熟させれば、プレディカーツヴァインにもなる。

リンク

アロマティック品種