トラミーナー、 (Traminer)

A picture shows grapes of the grape variety  Traminer
© AWMB / Oberleitner

同義語: フライシュロート, クラインヴィーナー (墺), Tramín červený (チェコ、スロヴァキア), Gewurztraminer, Savagnin (仏), Tramini (ハンガリー), Traminer aromatico (伊)

栽培面積: 284 ha, 0.6%

トラミーナーは古い野生品種が長い年月をかけて変異したもので、世界中で栽培されている。トラミーナーは多くの人気のある品種と遺伝子配列を共有しており、特に墺太利においては、いたるところに植えられているグリューナー・ヴェルトリーナーの親品種だ。今日、3つのトラミーナー品種、すなわちローター・トラミーナー、ゲルバー・トラミーナー、そしてゲヴュルツ・トラミーナーがオーストリアのワイン産地で育てられているが、とりわけズュート=オストシュタイヤーマークのオストフールカンァントとワインの街クレッホが名高い。完熟したブドウから造られると、はっきりしたアロマがあり長熟のワインになる。

野ばらの香りやシトラス風味から森の苺、レーズン、ドライフルーツやココナツ・フレークまで、非常に高い香りの広範なスペクトラムを有する。デザートワインはエクストラクトが豊かかつ甘美で、残糖が繊細なハーブ風味とソフトながら激しく豊穣な風味と調和している。

葉: 五角形から円形、5つの切れ込み、外側にカール、クチは赤、鋸歯は曲線、葉柄は大きく重なり、ベースはV字型。下側には中程度に密な表皮毛が密集。

房: 短い~非常に短い、中くらいの色の濃い、円錐形、1から3の種子翼、頻繁に小さな副果実をつける。

実: 円から楕円形

発芽: 遅い

開花: 遅い

成熟: 遅い