ブービエ (Bouvier)

A picture shows grapes of the grape variety Bovier
© AWMB / Oberleitner

原産地:オーストリア、バート・ランケアスブルク(シュタイヤーマーク)

起源:ローター・ブービエの種から、1900年前後にバート・ランケアスブルクで生み出された。遺伝子分析によれば、ピノ系とまだ不明の品種と関連があることが示されている。

栽培面積:220ha、0.5%
この品種は主にブルゲンラントに栽培されている。1999年から2009年の間に栽培面積を1/3減少させている。

ブドウ分類学上の重要点

:中;円形で5つの切れ込み、切れ込みは深い。

ブドウの房:小から中の房、中から粗密な実、円筒形、しばしば副果;緑がかった黄色の実、厚く円形の実。

成熟期:非常に早い

重要性、生育要件:ブービエは、まず生食用、ジュース、そしてシュトゥルム(発酵途中のブドウ果汁)、或いは若いワインとして市場に出る。その主要産地であるブルゲンラントでは、この品種はプレディカーツヴァインにもされ、ほとんどがマイルドで繊細なマスカットの風味を持つ。不利な面は、不確かで低い収量だ。

ワイン:ワインはマイルドでエクストラクトに富み、立地によってその強弱は変わるが、マスカットのブケを放つ。