ミュラー=トゥルガウ (Rivaner, Müller-Thurgau)

© AWMB / Oberleitner

原産地ドイツ、ガイゼンハイム研究所

起源:交配新種――リースリング x シャスラ・ド・クルティリエール(=マドレイヌ・ロイヤーレ)

この品種は1882年に、トゥルガウ州出身のスイス人植物学者、ヘルマン=ミュラーによって交配された。長い間リースリングとシルヴァーナーが親品種と信じられていたが、遺伝子調査により真相が明らかになった。ミュラートゥルガウは世界的に普及した最も古い交配新種だ。
リヴァーナーとリースリング=シルヴァーナーという同義語は、かつて起源とされた親品種が出自。リースリング=シルヴァーナーという名称は誤解を招くため、今日では禁止されている。
 

栽培面積: 1,788 ha、3,8 %. この品種はオーストリア全土に育つ。しかしながら1999年から2009年の間に、36.1%という顕著な減少を見ている。

ブドウ分類学上の重要点

葉:中位のサイズ、ブツブツのある、円形、5つの深い切れ込みがあり、その中間部はねじれている。

ブドウの房:中から非常に大きいものまで、中程度の密度;円筒形で楕円の緑が買った黄色の実、ブドウはほのかなマスカット風味を持つ。

成熟期:早い
 

重要性、生育要件:この品種は非常に早熟なため、しばしば“シュトゥルム”(部分的に発酵した)や“新酒”のカタチで供される。ミュラー=トゥルガウは他の白品種とともに気楽な若飲みワインにブレンドされ、それらはフレッシュなうちに消費されるべきだ。成熟度スペクトラムの真逆に位置するプレディカーツヴァインも生産されている――それらのワインの熟成向上のポテンシャルは過小評価されがちだ。この品種は保水性の高い深い土壌を必要とする。ベト病、ウドン粉病、実と梗のカビ、ローター・ブレンナー、そしてフォモプシスに冒されやすい。他の品種と比較し、より強力な植物保護が必要。


ワイン:豊かな酸と、青リンゴやシトラスのフルーティーなブケ溢れるワインを産む。辛口のヴェルシュリースリングが、とてもフレッシュなフードワインたり得る一方、この品種のプレディカーツヴァインは世界で最も偉大な甘口ワインとなる。ベーレンアウスレーゼとトロッケンベーレンアウスレーゼは、黄金色で、味わいには繊細なハチミツの風味があり、エグゾティックフルーツの香りを放ち、酸は個性に溢れる。

リンク

アロマティック品種