ユ-ビロイムスレーベ (Jubiläumsrebe)

© AWMB / Oberleitner

原産地:オーストリア、LFZクロスターノイブルク

起源:グラウアー・ポルトゥギーザーとフリュローター・ヴェルトリーナーの交配による新種。1922年にクロスターノイブルクのブドウ栽培&園芸教育&研究センターのフリッツ・ツヴァイゲルト博士によって交配された。1960年にクロスターノイブルクの栽培醸造学校Bundeslehr- und Versuchsanstalt für Wein- und Obstbauの創立百周年記念に際して公開された。ユービロイムスレーベという名称はそれを祝して付けられた。

栽培面積:6ha
他の幾つもの品種が素晴らしいプレディカーツヴァインを生産できるので、この新交配品種が重要性を持ったことは一度もない。

ブドウ分類学上の重要点

葉:中位、丸形、5つの切込

ブドウの房:実の詰まった小さな房、円筒形、頻繁な副果;実は小さく緑がかった黄色、斑点がり、汁気に富みニュートラルな味。

成熟期:中期
重要性、生育要件:この品種は土壌に関してほとんど注文がなく、どちらかと言えば早熟(早熟のオランゲトラウベを交配に用いた目的だった)にもかかわらず、ヴェルシュリースリングと比較し、全く重要性を持たない。

ワイン:甘口ワインの分野のプレディカーツヴァインとしてのみ面白い。ワインは酸が低く、大部分は高い残糖、そしてハンガリーのトカイワインに似る。