7. 赤ワイン - 深み & 濃さのある

赤ワインに関する国際的ワイントレンドは、オーストリアワインの発展、特にその需給関係について相当に意識している。フルボディで、深みがあり、複雑で奥行きがあり長期熟成の可能性を持つワインは、国内外で賞賛されている。

力強い赤ワインの需要は大きい―単一畑産の単一品種としても、適度なバリック熟成による樽香がワインの風味を覆い隠さないようなキュヴェ・ブレンドとしても。それら小樽熟成された最高品質のワインは透明感と果実味溢れるアロマとプレーバーを得、真のテロワール個性を反映する。とりわけ誇りにしたい事実は、ツヴァイゲルト、ブラウフレンキッシュ、そしてSt.ラウレントといったオーストリアの典型的品種が、古典的ピノ・ノワールや他の国際品種、例えばカベルネと並び立つ堅固な地位を見つけたということだ。地場品種は主にブルゲンラントで、そして低地オーストリア(カルヌントゥム、テルメンレギオン)やウィーンで栽培されている。そしてこれらのワインは当然、偉大な赤ワインとしてあるべき場所を見つけている―食事でロースト・ラム、ステーキそしてあらゆる種類の煮込んだ肉を引き立てている。これらの料理はオーストリアワインの力強い果実味と繊細なストラクチャーから多くを得ているのだ。