9. 白ワイン - 甘口&力強い

シュペートレーゼやアウスレーゼといったスタイルの高品質のワインは適度な熟成ポテンシャルを有する。若いワインとしては、それらはヴェルヴェットのような残糖と、果実味と酸のダイナミックなバランスを表現する。北と南のワイン産地の完璧な気候環境が美しい創造物の性格を決定づけている。

もし十分に長く熟成させることができたら―時には数十年にわたって―これらのワインは非常に複雑になり、広範な食べ物と完璧な調和を見せる。同様に広範なのはこれらのワインの原料となるブドウ品種だ:アロマティックなブルゲンラントのムスカット=オットネル;そしてシュタイヤーマークの(ゲヴュルツ)トラミーナー、さらにノイブルガー、シャルドネとヴァイスブルグンダー。さらに洗練されたヴァージョンにはグリューナー・ヴェルトリーナーやリースリングをフィーチャーしたものがあり、両品種とも多くのワイン産地で作られている。また、グンポルツキアヒェン周辺で育つツィアファンドラーとロートギプフラーからもシュペートレーゼやアウスレーゼがある。これらのワインは軽くフワフワなデザート、例えばクリームチーズで作られフルーツを詰めたトプフェンクヌードル=ダンプリングを完璧に引き立てる。さらにこれらのワインはあらゆる種類のチーズに素晴らしくよく合い、更に一歩すすんだ風味体験を生む。しかしワインは必ずしも食べ物を引き立てなくてもいい;それらはそれ自体で貴重品であり、美味な瞑想用の一杯として素直に楽しむこともできる。