[Translate to Japanisch:]

ブリュテンムスカテラー (Blütenmuskateller)

ブリュテンムスカテラーは1947年からロシアで交配された菌類病に耐性のある品種のひとつ。2013年に初めて葡萄品種として登録された。

起源

ロシア

系統

セヴェルニ(Severnyj)とマスカット(Muskat)の交配。

ヴィンヤードエリア

では実験的に栽培されているのみ

A picture shows the grape and leaf of the Blütenmuskateller, © AWMB/Blickwerk Fotografie.
© AWMB/Blickwerk Fotografie

葡萄品種学的な重要な特徴:
葉:五角形で3から5の裂片、深い波状の縁をもつ。

葡萄の房:中程度の大きさと密度、円錐形で1から3の翼をもち、第二の翼はない。果粒は楕円形で、緑から黄色の果皮の色、強いマスカットの風味。

成熟:中から遅い

特徴、状態:少なくとも中程度から深い土壌の条件の良い圃場でしばしば収量削減が必要となる。ブリュテンムスカテラーは糖度が上がりやすく、甘口ワイン生産に適している。菌類病に耐性がある品種で、そのためウドンコ病とベト病に強い。

ワイン:ゲルバー・ムスカテラーよりもフルボディでより豊潤なワインを造る。強いマスカットのアロマと花のような香り。