最南端のブルゲンラントには、北のレヒニッツから南下してギュッシングに至るまで、連邦州で最も原始的なブドウ栽培地があり、ブドウ栽培面積は合計511ヘクタールに及びます。地域に根ざした赤ワイン、特に原産地呼称保護ワインである「アイゼンベルグDAC」のブラウフレンキッシュは、とりわけ鮮やかなミネラルのスパイシーさが特徴です。エレガントで風味豊かな白ワインは、地元の素朴な特産品である「ウーフードラー」と同様に、地域を特徴付けるワインとなっています。

ブドウ栽培面積

511 ヘクタール

主要栽培地

アイゼンベルク、ドイチュ・シュッツェ、レヒニッツ

産地とワイン

アイゼンベルクのワイン生産は、典型的な二極化の構造です。ここでは、ほとんどの生産者がワインを副業としており、栽培面積の小さな畑を所有する大規模な生産者はわずかです。生産量の大部分は、この地域の多くの伝統的なワイン居酒屋で販売されています。 この地域が自らを「ワインの街」と呼んでいるのは誇張ではありません。ここは、大陸性気候と地中海性気候が出会う場所であり、東から南へと移り変わる場所でもあります。風景、気候、文化が混ざり合い、静かで、時には孤立した独特の街を形成しています。

とりわけ、この地域の名前の由来となったアイゼンベルクの丘は、歴史的に重要な意味を持ち、ドイチュ・シュッツェン・ヴァインベルクと並んで、この地域のブドウ栽培の中心地となっています。この地域の最も特徴的な起伏にちなんで名付けられた南ブルゲンラントの赤ワインは、常に「アイゼンベルガー 」と呼ばれてきましたが、このワインに関しては、ミネラルが強く感じられ土っぽさのあるブラウフレンキッシュで、他のどこにも見られない独特のスパイスのような風味を持つと考えられています。

急な斜面は主に片岩の土壌で、透明感のある果実とミネラルの要素が感じられるワインができます。斜面の麓では、土壌はより深く鉄分の多い粘土質で、魅力的なタンニン構造を持つ土っぽいワインができます。

アイゼンベルク地方の典型的なブラウフレンキッシュは、2009年ヴィンテージから「アイゼンベルクDAC」(2008年は「アイゼンベルグDACリザーヴ」)の名称で販売されています。スパイシーなミネラル感がクラシックなアイゼンベルクDACの特徴です。チェリー、サワーチェリー、ブラックベリーなどの果実味豊かで爽やかな品種の香りに、力強さを感じさせないエレガントな構造、チャーミングなタンニンと爽やかな酸味を持つこのワインは、この産地の魅力的な特徴をすべて備えています。

遅摘のブラウフレンキッシュや、より温暖な場所で収穫されたワインは、凝縮感と力強さがあるため(少なくともアルコール13%以上)、円熟したバランスの良いワインにするためには、より長い期間の熟成が必要です。このようなワインは「リザーヴ」と呼ばれ、大樽または小樽で熟成されます。

北のレヒニッツと南のモシェンドルフの近隣では、特にフルーティーで生き生きとしたヴェルシュリースリングとヴァイスブルグンダーが 「ブルゲンラント」の原産地呼称で生産されています。また、コーフィディッシュ近くのチャターベルクや、ヴィンテナー・ヴァインベルクから、クルムやガースのブドウ畑を貫くピンカ・ヴァレー・ワイン・トレイルに沿って興味深いワインを生産する多くの小さなセラーがあり、美しく牧歌的な景観が広がっています。最南端のハイリゲンブルンやモシェンドルフ周辺では、個性的な地方特産ワインの「ウフドラー」を体験することができます。これは、直系の交配種で造られたワインで、野イチゴの香りが多くのファンを魅了しています。

この地域は、忙しいワインの中心地からは遠く離れているため、まだ詳細情報は少ないのですが、温泉やギュッシング城でのフェスティバル、夢のように美しい風景は、この地域の牧歌的な雰囲気を決して壊すことなく、着実に多くの観光客を惹きつけています。

アイゼンベルク
アイゼンベルク Ried Saybritz

アイゼンベルク DAC

(アイゼンベルク DACリザーヴ: 2008ヴィンテージよ, アイゼンベルク DAC: 2009ヴィンテージより)

ブドウ品種: ブラウフレンキッシュ

品質レベル:

  • アイゼンベルクDAC: 収穫翌年の8月1日以降に連邦検査番号提出、収穫翌年の9月1日から発売
  • アイゼンベルクDACリザーヴ:収穫後2年目の2月1日以降に連邦検査番号を申請し、収穫後2年目の3月1日から発売。オークの大樽または小樽で熟成。

アルコール度数:

  • アイゼンベルクDAC: 最低 12.0%
  • アイゼンベルクDACリザーヴ: 最低 13%

残糖分最大 4 g/l

風味の特徴:

  • アイゼンベルクDAC: 果実風味が主体で、スパイシーなミネラル感を伴い、樽の風味はほとんど感じられない。
  • アイゼンベルクDACリザーヴ: 果実風味主体、スパイシーなミネラル感を伴い、力強い。

ラベル表示: 原産地表示("DAC "を含む)は、フロントラベル(バックラベルがない場合)に表示されます。

地質

ブドウ畑の大部分は、東のパノニア盆地に合流するシュタイアー盆地の、ゆるい、主にシルト質、砂や砂利の多い若い海洋堆積物や沖積堆積物の土壌に分布しています。これらの堆積物は、粒径だけでなく、石灰岩やドロマイト成分の炭酸塩含有量も非常に多様です。

ワイン生産地域の北部と中部、ギュンザー山脈の南斜面、ハンナースドルフ、ケーニヒスベルク、アイゼンベルク、チャターベルク周辺では、古生代と中生代の様々な岩石にブドウ樹が根付いています。その中には、アルプスのペンニニク地質群のカルシフィライト、グリーンシスト、蛇紋岩も含まれています。レヒニッツ地域やアイゼンベルクでみられる岩は、オーストリア最高峰グロスグロックナーを形成しているものと同じです。さらなる特徴として、チャター・ベルクのブドウ畑では淡水オパールが見られます。ハンナースベルクとケーニヒスベルクのブドウ樹は、ドロマイトや石灰岩、粘土質片岩などの硬い岩石でできた土壌に根付いています。これらの岩石は、ペンニニクよりも古く、アルプス山脈の東部に属するものです。

料理のヒント

爽やかな酸味とチャーミングなタンニンのおかげで、アイゼンベルクDAC(できれば少し冷やして)は、様々な料理との相性が良いでしょう。例えば、クラシックなアイゼンベルクDACは、オーストリアの定番料理である豚肉のミートライスや子牛の腎臓のソテーなどととてもよく合います。ローストビーフとオニオンのようなしっかりとした料理には、やや熟成したリザーヴとの相性が良いです。一方国際的なダイニングシーンでは、アイゼンベルクの高品質なブラウフレンキッシュは、例えば繊細で脂の乗った和牛との相性が抜群に良いです。

リンクとダウンロード

法律上の規定アイゼンベルクDAC (ドイツ語)

地図

ギャラリー

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.