シュタイヤーマルク
ソーヴィニヨン・ブラン&カンパニーの優れたテロワール

世界にはシュタイヤーマルクよりも重く、とりわけアルコール度の強いワインの原料となるブドウを栽培する産地がたくさんあります。しかし、シュタイヤーマルク南部ほど、新鮮さや輝きを伴い、非常にエレガントな手法で、産地に典型的なワインを生産する場所はありません。

ブドウ栽培面積

5, 086ヘクタール

産地とワイン

シュタイヤーマルクの3つのワイン生産地は、それぞれ他にはない特徴を持っており、ほぼ連邦州の南部に位置しています。この地理的に特徴的な丘陵地帯の西部では、風味豊かなロゼのシルヒャーが絶対的存在で、これは、他では見られない最も特徴的なテロワールワインのひとつです。ザウザルや南シュタイヤーマルクのワイン街道では、ソーヴィニヨン・ブランとムスカテラーの生産が盛んで、南東のヴルカンラント・シュタイヤーマルクでは、トラミナーがこれら2つのワインと並んで、愛好家にとっての至宝の輝きを放っています。

シュタイヤーマルクで最も広く栽培されている品種ウェルシュリースリングは、青りんごを思わせるブーケを持ち、多くのワイン評論家が想像するよりはるかに多くのファンがいます。

華やかさとボディ感を好むワイン愛好家には、シュタイヤーマルクのピノ系品種がお気に召すことでしょう。石灰岩の多い土壌で育ったヴァイスブルグンダーは、洗練されたミネラルの繊細な表現が印象的です。シャルドネは、別名モリヨンとしても知られていますが、フレッシュでさわやかな特徴がありながらも、時にはかなりしっかりとした印象を与えることがあります。また、最高のグラウブルグンダー(ルーレンダー、ピノ・グリ)のように、熟成によって発達するワインもあります。

2018年、シュタイヤーマルクのワインは新たな時代を迎えました。ヴルカンラント・シュタイヤーマルクDAC、ズュートシュタイヤーマルクDAC、ヴェストシュタイヤーマルクDAC、3つのワイン生産地がすべてDACに昇格したのです。地域典型的な白ワインと、ヴェストシュタイヤーマルクのシルヒャーは、ゲベイツヴァイン(地方名称ワイン)、オルツヴァイン(村名称ワイン)、リーデンヴァイン(単一畑ワイン)の3つの等級で構成されます。リリース前により長い期間熟成させたワインには、「リザーヴ 」という追加の呼称表記も認められます。

シュタイヤーマルクの原産地システム
2018ヴィンテージより

収穫翌年の5月1日以降にリリース(ただし、シルヒャー[ヴェストシュタイヤーマルクのみ]は2月1日以降) 最大残糖度 4.0 g/l ***
収穫翌年の5月1日以降にリリース(ただし、シルヒャー[ヴェストシュタイヤーマルクのみ]は2月1日以降) 最大残糖度 4.0 g/l ***
ズュートシュタイヤーマルクDAC: キッツェック=サウザル、アイクバーグ、ロイチャッハ、ガムリッツ、エーレンハウゼン
ヴルカンラント・シュタイヤーマルク DAC: オストシュタイヤーマルク、リーガースブルク、カプフェンシュタイン、ザンクト・アンナ、ティーシェン、クレッヒ、シュトラーデン、ザンクト・ペーター、グライヒェンベル
ヴェストシュタイヤーマルク DAC: リギスト、ステインツ、ドイチュラントベルク、アイビスヴァルト
収穫翌年3月1日以降リリース(ヴェルシュリースリングとシルヒャー[ヴェストシュタイヤーマークのみ]は収穫年の12月1日以降) 最大残糖度4.0g/l *
Rerserve Icon
最短販売日が規定の18ヶ月後以降に設定されている場合、「リザーヴ」と追加表記することができます。

収穫は手摘みでなければならない!

使用可能品種: ヴェルシュリースリングヴァイスブルグンダー、モリヨン、グラウブルグンダー、リースリングゲルバー・ムスカテラーソーヴィニヨン・ブラン、トラミナー、ブラウアー・ヴィルトバッハー(シルヒャーとして、ヴェストシュタイヤーマークのみ)、およびこれらのブレンド
* 例外:「トロッケン」表記のリースリングとトラミネール
**例外:「トロッケン」のトラミナーとリースリング、クレッヒのトラミナー「ハルプトロッケン」、またはプレディカーツヴァインレベル以上では残糖分の規定なし
***例外:「トロッケン」表記のリースリングとトラミネール

新しい原産地制度では、シュタイヤーマルク産ワインの良さを意識的に強調しています。伝統的なブドウ品種の展開はそのままに、オルツヴァインとリーデンヴァインの等級では、地元で好まれる品種に焦点を当てています。リリース日を3月1日と5月1日に設定したのは、特にオルツヴァインとリーデンヴァインでは、ワインがその産地特有の特徴とそのポテンシャルを十分に発揮できるようにするためです。

シュタイヤーマルクでは、新しいヴィンテージは毎年伝統的に11月初旬に軽い「ユンカー」でお祝いします。翌年3月には、辛口のゲベイツヴァイン(地方名称ワイン)がリリースされます。オルツヴァイン(村名称ワイン)や偉大なリーデンヴァイン(単一畑ワイン)のリリースは少し後になるので、それらを求める人々は待つ必要があります。シュタイヤーマルクのワイン生産者は、より時間をかけて、より丁寧に、これらのワインを醸造しているので、真のシュタイヤーマルクワインは紛れもなく世界レベルになります。

地質

シュタイヤーマルクは、ペンニックと東アルプスの地質ユニットから成る東アルプス中央部のエリアに形成されました。東部アルプスユニットには、北ライムストーンアルプスと、ヨーグルランド、ザウザル、コーラルペ山脈の結晶岩が含まれています。低地は、ミュールとミュルツ渓谷、そしてシュタイヤーマルク盆地を形成しています。ワイン生産地は東と南に位置し、中央東アルプスがシュタイヤーマルク盆地の下に沈み、その東側は大パノニア盆地に発展しています。

シュタイヤーマルクの全ブドウ畑の約4分の3は、シュタイヤーマルク盆地の堆積層で、約20%は東部アルプスユニットの硬い岩盤の上で栽培されています。ごく一部は、盆地に集中している主に粗粒の沖積鉱床で栽培されています。

シュタイヤーマルクのブドウ畑の3%が、特徴的な南東部の火山性玄武岩、スラグ、凝灰岩が分布している土地にあります。残りの盆地の堆積物は、粒径、炭素含有量、固化の度合いが異なります。シルトやマール、砂、砂利、瓦礫、砂岩や礫岩から局所的に現れた石灰岩まで、様々なものが見られます。

片麻岩、雲母片岩、フィライト、アンフィボライト、そしてまれに大理石や石灰岩が、中央東アルプスの近隣にあるブドウ畑の多種多様な土壌の基盤を構成しています。

Steiermark, © Austrian Wine

リンクとダウンロード

地図

ギャラリー

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie 1x im Monat Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.