オーストリアワインを理解する上で、"原産地 "という概念は非常に複雑なものです。原産地とは、特定のワイン産地の定義だけではなく、そのワインが生産される特定の場所や品質を定義するものでもあります。それが、ある自治体でも、グロースラーゲ(ブドウ畑の大きな集合体)でも、あるいは、リード(単一畑)であってもです。

"リーデンヴァイン”または”ラーゲンヴァイン"は、最も細分化された原産地呼称であり、当然ながらピラミッドの最上層を形成しています。
もっと読む
ゲヴェイツヴァインとリーデンヴァインの間に位置するオルツヴァインは、特定の村や自治体のワインを指します。
もっと読む
ゲヴェイツヴァイン(地方名称ワイン)の階層は、原産地ピラミッドのベースを形成しており、これらのワインのスタイルは、そのワイン産地全体を代表するものです。
もっと読む

脚注:ワイン産地ごとに、3階層(許可された自治体名やリードの境界線を含む)が地域ワイン委員会で定められています。

 ヴァッハウ (Wachau)
マウターン・アン・デア・ドナウ
Ried Achleithen

Gebietswein
ゲヴェイツヴァインー地方名称ワイン

ゲヴェイツヴァイン(地方名称ワイン)の階層は、原産地ピラミッドのベースを形成しており、これらのワインのスタイルは、そのワイン産地全体を代表するものです。例えば、このカテゴリーの辛口白ワインは一般的に軽やかでフレッシュ、フルーティーなものですが、これには例外もあり、例えば、よりパワフルで個性に満ちたスタイルの地方名称ワイン(例: ライタベルクDAC )などもあります。

Ortswein
オルツヴァイン – 村名称ワイン

ゲヴェイツヴァインとリーデンヴァインの間に位置するオルツヴァインは、特定の村や自治体のワインを指します。この階級のワインは、ゲヴェイツヴァインの等級のワインよりもボディがあり、複雑さがあることが期待されますが、何よりもこれらのワインは、特定の村や自治体の典型的な顕著な特徴を持っていなければなりません。ブルゴーニュと同じように、ジュヴレ・シャンベルタンは、例えばポマールとは全く異なる味わいで、畑特有の違いについては言及されていません。これらの違いは、非常に局地的な気候条件や土壌組成、あるいは歴史的にその土地に特有のワイン生産スタイルによって説明されます。ワインには、行政区の自治体名、あるいはいくつかの行政区がグループ化されたグロースラーゲ(ブドウ畑の大きな集合体)の名前が付けられています。後者は、あまり知られていない個々のコミュニティの名前を使うよりも有効な場合に使われます(”ブラニー”の代わりに”コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ”を使うのと同じように)。オルツヴァイン階層のワインは非常に有利であり、幅広い魅力を持っているため、将来性のある重要なカテゴリーとなっています。DACの定義プロセスにおいて、地域ワイン委員会は(i)どの村落/共同体/集合的なブドウ畑が独自の個性を示すか、(ii)市場での評判がすでに確立されているか、を確認した上で、これらの村落がオルツヴァインのラベル表記を付けることを許可するかどうかを決定します。

Riedenwein
リーデンヴァイン – 単一畑ワイン

"リーデンヴァイン”または”ラーゲンヴァイン"は、最も細分化された原産地呼称であり、当然ながらピラミッドの最上層を形成しています。これらの単一畑のワインは、熟成能力に優れたスケール感のある複雑な長期熟成ワインとして戦略的に位置づけられるべきです。特定の畑の個性を反映したこれらのワインは、若い時には印象的で、熟成を重ねることでさらに表情豊かになります。本来、リーデンヴァインはリザーヴワインの特徴を持つべきですが、すべてのDAC産地が、より細分化された原産地呼称の3階層のシステムを確立しているわけではありません。シンプルで短期間熟成させたワインであっても、畑の名前をラベルに表記してスケール感のある単一畑ワインと並んで販売されていますが、"リザーヴ "という用語は明確にする目的で使用することが可能です。

リンク

クヴァリテーツヴァインの原産地呼称

産地典型のクヴァリテーツヴァイン(DAC)

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie 1x im Monat Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.