気候条件が好ましいことから、大半のワイン生産地域がオーストリア東部に集中しています。しかしながら、他の地域でもワインは生産されています。

オーストリアのブドウ園の面積は44,912ヘクタールです。連邦県ニーダーエステライヒ(27.160 ha)、ブルゲンラント(11.904 ha)、及びシュタイヤーマーク(5.054 ha)は、それぞれ単一のワイン産地として定義され、さらにウィーン(580 ha)、ベルクラントの5つのワイン生産地(ケアンテン、オーベアエステライヒ、ザルツブルグ、チロル、フォーアールベアク)を含む18の他のワイン産地が存在する。

ニーダーエスタライヒ (Niederösterreich)

ニーダーエステライヒ州(低地オーストリア)は、オーストリア最大の高品質ワイン生産地です。豊富な地場品種の生誕地であり、また、数多くの国際品種の揺りかごでもあります。ニーダーエステライヒ州には、西のヴァッハウから東のカルヌントゥムに至る、8つの限定的ワイン生産地域があり、気候の違いによって、3つの区域に分けることができます。つまり、北部のヴァインフィアテル、ウィーンの西側のドナウ河沿いとその近隣の渓谷、そしてニーダーエステライヒ州南東部分のパノニア平原です。

さらに読む

ブルゲンラント (Burgenland)

暑く大陸性のパノニア気候の影響を受け、フルボディーでリッチな赤ワインが、ブルゲンラントの東地域で生産されています。このエリアの中には、それぞれが重要な役割を担ういろいろな区分があります。

さらに読む

シュタイヤーマルク州 (Steiermark)

他のワイン産地で、より重量感のあるアルコールの高いワインが造られているのは疑いのないことですが、南のシュタイヤーマルクのように、見事なまでに鮮度が高くエレガントなスタイルで、地域の典型的なワインが造られている例は、滅多にありません。

さらに読む

ウィーン

都市でぶどうを栽培することは本当に可能ですか?世界では、ぶどう畑が観光客向けのアトラクションとして植えられている場所があります。でも、ウィーンは違います。580 ヘクタールのぶどう畑は、経済的に重要な役割を担っており、街周辺を緑化し、高品質なワインの生産に使用されています。2013年以降、「Wiener Gemischter Satz」(ウィーンフィールドブレンド)はオーストリアDACファミリーの一部となっており、ウィーンワインのアイデンティティをさらに高めています。

さらに読む

ワイン生産地方ベアクラントのワイン生産地区

オーストリアにおけるワイン生産は“ヴァインラント”(ニーダーエスタライヒブルゲンラント、ウィーン)と“シュタイアーラント”においてのみではなく、他のすべての州――それらはワイン生産地“ベアクラント”に含まれている――でも行われている。

さらに読む

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie 1x im Monat Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.