連邦検査番号とキャップシールの赤・白・赤の国旗柄によって特定される”クヴァリテーツヴァイン“(上質ワイン)は、オーストリアワイン産業のマーケティング戦略の中核をになっています。ローマ式システムのワイン法によって、これらのワインは第一に地理的原産地によって特定され、より小さく特定的な地理的表示がラベルに記される場合は、ワインの原産地の特徴を表現したより高い品質であることを表しています。

オーストリアの戦略

原産地マーケティングに関して、オーストリアのワイン生産政策とAWMBは、各ワインメーカーがイノベーションを起こす余地を十分に確保する一方で、オーストリアの典型的な産地を代表する原産地呼称のワインスタイルを確立するという二重の戦略を展開してきました:

多様性と柔軟性

この戦略は多様性(40品種、全スタイル)を維持し、個々の生産者が原産地呼称の枠内で柔軟に対応できるようにしています:クヴァリテーツヴァインのラベルには、ワインが生産された連邦州の詳細を示す原産地呼称が記載されています。消費者は、アロマティックなブドウ品種から造られるフレッシュでフルーティーなワインから、高品質のブランドワインや象徴的なキュヴェのブレンドまで、このカテゴリーのワインの魅力的な多様性を楽しむことができます。

一般呼称ワイン産地のクヴァリテーツヴァイン

ニーダーエステライヒブルゲンラントシュタイヤーマルクウィーン

ケルンテンオーバーエステライヒザルツブルクチロルフォアアールベルク

産地典型的特徴の開発(DAC)

DACの規制システムは、特定のワイン生産地域の典型的なクヴァリテーツヴァインスタイルの定義を提供しています。それぞれの地域では、その地域に特有のワインスタイルを1つ、2つ、または複数のスタイルで決定することができますが、地域戦略は国家ワイン委員会との合意が必要です。これまでのところ、18の特定オーストリアワイン生産地域のうち16の地域がDAC認定を得ています(2020年10月現在)。

オーストリアのDACシステムの実情

特定ワイン生産地で生産された地域の典型的なクヴァリテーツヴァイン

ヴァッハウ DACクレムスタール DACカンプタール DACヴァーグラムトライゼンタール DACヴァインフィアテル DACテルメンレギオンカルヌントゥム DACノージードラーゼー DACライタベルク DACミッテルブルゲンラント DACアイゼンベルク DACロザリア DACルスター・アウスブルッフ DACヴルカンラント・シュタイヤーマルク DACズュートシュタイヤーマルク DACヴェストシュタイヤーマルク DACヴィーナー・ゲミシュター・サッツ DAC

国際的なワイン法

国際的なワイン産業では、ローマ式ワイン法とゲルマン式システムを区別する事ができます。ゲルマン式ワイン法(例;DACシステム導入以前のオーストリア)は、ブドウ品種を重視する傾向にある一方、ローマ式ワイン法は原産地によってワインを格付け(例;イタリア、フランス、スペイン、DACシステム導入後のオーストリア)しています。原産地呼称は、ワインに特定のブドウ品種の使用を意味するだけでなく、ワインのスタイルを印象づけるものでもあります。これにより、消費者は特定の産地のワインを選んだ場合、どのようなタイプのワインであるかを正確に知ることができます。

国際的な世界のワインの例

ゲルマン式システムに基づいて、ワインを飲む人は「軽やかなタンニンを持つフルーティーな12%のサンジョヴェーゼを飲んだ」と言うかもしれません。

ローマ式によると、同じ情報を「キャンティを飲んだ」とシンプルに表現することができます。

ローマ式ワインシステムに関する洞察

原産地は独自のもの

ブドウ品種だけで定義されるワインとは対照的に、原産地を名付けて定義されるワインは、それ自体が独自のものです。オーストリアは90年代末、ハンガリーからグリューナー・ヴェルトリーナー、 ヴェルシュリースリング 、ツヴァイゲルト、ブラウフレンキッシュが大量に輸入されるという悲しい時代を経験しました。当時、オーストリアの消費者は主にブドウの品種に基づいてワインを選んでいましたが、それは輸入ワインをオーストリア産と信じて飲むことを意味していました。 このような誤解を防ぐために、オーストリアは、オーストリアワインを他のワインと見分けやすくするために、ローマ式システムを利用するようになりました。このシステムでは、ラベルの原産地表示が強調されています。結局のところ、ハンガリーとニュージーランドのグリューナー・ヴェルトリーナーのワインは存在しますが、ヴァインフィアテル地域のヴァインフィアテルDACはただ1つだけです。この地で栽培され、伝統的な製法で醸造されたグリューナー・ヴェルトリーナーだけが、ヴァインフィアテルDACの特徴であるスパイシーさとフレッシュさを持ち合わせているのです。

自己決定政策

ブドウ品種、生産方法、熟成スタイルなどの要素が組み合わされることで、その土地の典型的なワインが生まれます。イタリアでは、これらの仕様は、例えば、ブドウ栽培者、ワイン生産者、キャンティ地方の取引業者などで構成されるワイン業界団体によって、専門家間の自己決定の原則に基づいて合意されています。これらの委員会は、ワインの生産やマーケティングなど、ワイン業界のさまざまな分野の専門家で構成されています。自己決定の大きなメリットは、プロのグループがそれぞれの地域とそのワインに精通しているため、どのようにして自分たちのワインを差別化し、代表的なワインの真の独自性を判断できる絶好のポジションにいるということです。

オーストリアのこれらの専門家間の組織は地域ワイン委員会と呼ばれ、シュタイヤーマルク、ウィーン、ブルゲンラント、ニーダーエスタライヒを構成する8つの特定の地域、そしてクロスターノイブルクの地域に存在します。全国ワイン委員会は、地域委員会と連邦農務省との間の仲介役も務めています。さらに、2013年には国内スパークリングワイン業界の代表者で構成されるオーストリア・ゼクト委員会が設立されました。オーストリアワインマーケティング協会は、世界各地でオーストリアワインをマーケティングするための最良の戦略を見つけることができるよう、すべての委員会と緊密に協力しています。

リンク

クヴァリテーツヴァインの原産地呼称
産地典型のクヴァリテーツヴァイン(DAC)
より詳細な原産地呼称

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie 1x im Monat Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.