[Translate to Japanisch:]

カルヌントゥム (Carnuntum)
歴史ある土地。力強いツヴァイゲルト

古代ローマ時代の文化遺跡を求めて、考古学者たちは何年もの間、カルヌントゥムの肥沃な土壌を発掘し続けてきた。彼らの発見と同じく印象的なのは、この地域に特有のツヴァイゲルトとブラウフレンキッシュから造られる赤ワインが生産される、およそ906ヘクタールのミネラル豊富なブドウ畑。シャルドネヴァイスブルグンダー、グリューナー・ヴェルトリーナーからも親しみやすい個性を持ったDAC白ワインが生産されている。

ヴィンヤードエリア

906 ha

最も重要なブドウ品種

Zweigelt, Blaufränkisch, Weissburgunder, Chardonnay, Grüner Veltliner

最も重要なワインの場所

Göttlesbrunn, Arbesthal, Höflein, Petronell, Prellenkirchen

カルヌントゥムのワイン生産地域は、ウィーンの東からオーストリアとスロヴァキアの国境まで広がる。ブドウ畑はドナウ川南部に連なる3つの丘、ライタ・レンジ、アルべシュタール・ヒル・カントリー、ハインブルガー・マウンテンズに跨っている。重いローム質とレス土壌に砂礫質の層が好条件となり、特に赤ワイン用品種に適している。最も人気の固有品種はブラウアー・ツヴァイゲルト、次にブラウフレンキッシュが挙げられ、産地東部のスピッツァーベルクに集中している。カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロといった国際的な品種も新たに植樹され好適とされている。DAC認定ではないこれらの品種は、ニーダーエステライヒとラベルに記されリリースされる。

パノニア平原の夏は暑く、冬は寒い気候では、近隣のドナウ川と気温の緩和作用をもたらすノイジードラーゼー(ノイジードル湖)の効果により赤ワイン用品種がしっかりと完熟する。若い世代のワインメーカーたちは、この自然の優位性を最大限に利用し、果実風味とエレガントさを兼ね備えた魅力的な赤ワインによって短期間で産地の知名度を高めることに成功した。モダンなスタイルでありながら、常に特徴的な産地の個性に特化している。カルヌントゥムは2019年、遂にDACに認定された。そのため、今後は産地特有の個性を表現したワインだけがその産地名をラベルに記載することができる。赤ワイン用品種のツヴァイゲルトとブラウフレンキッシュ、そしてシャルドネ、ヴァイスブルグンダー、グリューナー・ヴェルトリーナーが、ゲベイツヴァイン、オルツヴァイン、リーデンヴァインのレヴェルで使用される。白ワインは骨格と力強さが特徴とされる。また、素晴らしい戦略としてはこの産地の観光業への取り組みで、ワイン販売にとって不可欠の要素となる。

Carnuntum, © AWMB

美しく修復されたマーチフェルド城、魅力的なカルヌントゥム考古学公園、国立公園ドナウアウエン、また、スロヴァキアの首都ブラチスラバに近接していることもあり、地元のワインを観光客に紹介する機会が豊富に揃っている。

地元の料理とワインを供する牧歌的なブッシェンシャンクで知られる、ゲットレスブルン、ヘーフライン、プレーレンキルヒェンといった村は、とりわけ ウィーンからの日帰り観光客のあいだで、常に人気の目的地となっています。さらに、多くの人が、増加する高評価レストランを目的とした特別な旅行を楽しん でいます。そして、どのワインリストでも目立つ地元カルヌントゥムのワインは、この地の料理と大変によく合うのです。

A picture shows a sunset in Carnuntum
© AWMB / Helmreich

リンク

地図

地質学

 

 

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie 1x im Monat Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.