ウィーン (Wien)

都市でぶどうを栽培することは本当に可能ですか?世界では、ぶどう畑が観光客向けのアトラクションとして植えられている場所があります。でも、ウィーンは違います。637ヘクタールのぶどう畑は、経済的に重要な役割を担っており、街周辺を緑化し、高品質なワインの生産に使用されています。2013年以降、「Wiener Gemischter Satz」(ウィーンフィールドブレンド)はオーストリアDACファミリーの一部となっており、ウィーンワインのアイデンティティをさらに高めています。

ヴィンヤードエリア

637 ha

最も重要なブドウ品種

Gemischter Satz

最も重要なワインの場所

Bisamberg, Nussberg, Maurerberg, Laaer Berg (ehem. Georgenberg)

町の西側では、オッタクリング、ヘルナルス、北西に向かってペッツラインスドーフ、そして19区――取り分けハイリゲンシュタット、ヌースドーフ、グリンツィング、シヴァリング、そしてノイシュティフト・アム・ヴァルデ――では、多彩な炭酸塩の豊富な土壌が、リースリングシャルドネ、そしてバイスブルグンダー(ピノ・ブラン)に理想的なコンディションを提供する。ウィーンの南部、マウアー、ロダウン、そしてオーバーラー付近の石灰の多い、茶色と黒土土壌では、フルボディの白ワインとリッチでたっぷりとした赤ワインの生産が盛んだ。事実上すべてのウィーンの生産者達が伝統的“ゲミシュター・サッツ”の畑を耕作している。ひとつの畑に多種のブドウ品種が植えられ、さらに収穫も、プレスも、そして発酵も同時に行われてワインになる。トップ区画のヌースベアクが再発見され、ウィーン全域の数多くの若くアイデアに富む生産者――中には他の職業からの転身者も――を惹きつけている。

Vienna, © AWMB

リンク

ヴィーナー・ゲミシュター・サッツに関する法的規定

地図

地質学

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie 1x im Monat Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.