A picture shows the Ried Satz, Ried Rosenberg, Ried Bühl, Weiden am See, Neusiedlersee, Burgenland

ノイジードラーゼー
パワフルなワイン: ツヴァイゲルトの多様性、素晴らしいプレディカーツヴァイン

オーストリアのワイン生産地域ノイジードラーゼーは、ノイジードル湖の東側に位置し、丘陵地帯と大きなワインの街ゴルスから、平坦なハイデボーデンを経て、哀愁漂うゼーヴィンケルへと続いています。浅い草原の湖のほとり、6,110ヘクタールのブドウ畑では、豊富な種類のブドウが栽培されています。2012年以降ノイジードラーゼーDACとして、ツヴァイゲルトから気候と土壌の影響を受けた果実味豊かで調和のとれた赤ワインが生産されており、補助的に「リザーヴ」呼称が付けられます。

ブドウ栽培面積

6,110ヘクタール

主要品種

ヴェルシュリースリング (甘口)、ツヴァイゲルト

主要栽培地

ゴルス、メンヒホフ、ハルプターン、ポダースドルフ、フラウエンキルヘン、イルミッツ、アペトロン、アンダウ

産地とワイン

ノイジードラーゼーDACは、ノイジードル・アム・ゼーの政治地区からヴィンデンとヨイスという自治体を除いた地域で形成されます。ノイジードル湖の北側から東岸にかけて広がり、栽培面積は6,239ヘクタール、そのうち1,501ヘクタールにオーストリアで最も広く普及している赤ワイン用品種ツヴァイゲルトが植えられています。これにより、ブルゲンラント州の保護原産地呼称ワインが最も広く生産されている地域となっています。テロワールは、砂利が様々に混ざった砂質、ローム質の土壌が特徴で、石灰岩に富む砂利の土壌や、石灰岩に乏しい純粋な砂利の土壌もあり、塩分を含んだ土壌や軽い砂の土壌まで多様です。

ワイン生産地域は、パノニア気候帯の中心に位置しており、暑くて乾燥した夏に適度な降雨量、冬は寒くて雪が少ないのが特徴です。微小気候に重要な影響を与えているのが、中央ヨーロッパ最大のステップ湖であるノイジードル湖です。夏には広い湖面が暖まり、夜になると蓄えた熱をゆっくりと周囲に放出します。夜間のわずかな温度低下によって、冷涼さを伴った果実が育ち、ワインを特徴づける重要な酸味が保たれます。

辛口のノイジードラーゼーDACは、フルーティーでスパイシーな調和のとれたツヴァイゲルトで、ブラックハートチェリーの典型的な香りにダークベリーの果実味とほのかなハーブのニュアンスが感じられます。素晴らしくバランスのとれたボディは、繊細で柔らかいタンニンに支えられています。ノイジードラーゼーDACリザーヴの赤ワインは、多層的で複雑、パワフルなツヴァイゲルトで、ブラックチェリー、ブラックベリー、エルダーベリーなどの明確なアロマの方向性、果実味はスパイスの特徴と繊細なミネラルのトーンによって補完されています。きめ細かいタンニンと相まって、ワインに緻密なストラクチュアとジューシーな味わいを与えています。これらのワインは、1年以上の熟成期間を経てからリリースされるため、長期熟成が可能です。

世界的に有名なプレディカーツヴァインも、この地域の典型的なDACワインに含まれます。ノイジードラーゼーDAC等級のシュペートレーゼとアウスレーゼ、そしてノイジードラーゼーDACリザーヴのベーレンアウスレーゼとトロッケンベーレンアウスレーゼは、甘口ワインファンを魅了します。秋は湿度が高く霧が発生しやすいため、ノイジードラーゼーDACリザーヴの高貴な甘みのベースとなる「貴腐」(ボトリティス・シネレア)が発生しやすく、特に南側のサブリージョンであるゼーヴィンケルの「ツィクラッケン」と呼ばれる無数の小さな汽水湖の間にあるブドウ畑では、ヴェルシュリースリングが広く栽培されています。 これらの非常に特別なワインは、オーストリアの伝統的なワイン生産地に比べるとまだ比較的新しいゼーヴィンケルの世界的な認知度向上に大きく貢献しています。

国際的スタイルの赤ワインは、ブラウフレンキッシュ、ザンクト・ラウレント、ピノ・ノワールなどの他の品種から醸造され、「ブルゲンラント」の原産地呼称でリリースされます。果実の深みを強調するスタイルで、単一品種またはブレンドとして木樽で熟成されます。同様に、魅力的なボディを持つバランスのとれた白ワインも、この原産地呼称で販売されています。代表的な白品種であるヴェルシュリースリングに加えて、ヴァイスブルグンダーやシャルドネ、そしてアロマティックな品種も人気があります。

この地域を訪れるお客様のために用意されるワインや高級料理を補完するものとして、自転車ツアー、乗馬ツアー、ウォータースポーツのオプションもあります。さらに、カジュアルなものから高級なものまで、あらゆるカテゴリーの宿泊施設が用意されているのも魅力です。北岸のノイジードルとゴルスから、南のポダースドルフ、イルミッツ、アペトロン、パムハーゲンを経て、東のアンダウ、フラウエンキルヒェン、メンヒホフに至るまで、そしてハルプトゥルン城は、一年中、展示会やコンサートなどの文化的な催しが行われています。

The image shows Lake Neusiedl.
The image shows the region Neusiedlersee.

ノイジードラーゼー DAC

(辛口: 2011ヴィンテージより、甘口: 2020ヴィンテージより)

地域区分

政治地区ノイジードル・アム・ゼーから、ヴィンデンとヨイスの自治体を除いた地域

ブドウ品種

  • ノイジードラーゼDAC: 
    • 辛口: ツヴァイゲルト
    • フルーティ 甘口: 全てのクヴァリテーツヴァイン白品種
  • ノイジードラーゼDACリザーヴ: 
    • 辛口:ツヴァイゲルト
    • 貴腐甘口: 全てのクヴァリテーツヴァイン白品種
品質レベル
  • ノイジードラーゼDAC収穫翌年の2月1日(辛口)または1月1日(フルーティな甘口)連邦検査番号提出
  • ノイジードラーゼDACリザーヴ収穫後2年目の2月1日(辛口)または4月1日(貴腐甘口)連邦検査番号提出
アルコール度
  • ノイジードラーゼDAC: 
    • 辛口: 最低12% vol.
    • フルーティな甘口:規定なし
  • ノイジードラーゼDACリザーヴ: 
    • 辛口: 最低13% vol.
    • 貴腐甘口: 規定なし
残糖値
  • ノイジードラーゼDAC: 
    • 辛口: 最大4 g/l
    • フルーティな甘口: 最低 45 g/l
  • ノイジードラーゼDACリザーヴ:
    • 辛口 最大 4 g/l
    • 貴腐甘口: 最低 45 g/l
風味の特徴
  • ノイジードラーゼDAC: 
    • 辛口: 品種特性がある:フルーティでスパイシー; 木樽、またはステンレスタンクで熟成
    • フルーティな甘口: 規定なし
  • ノイジードラーゼDACリザーヴ:
    • 辛口: 品種特性がある: フルーティでスパイシー;伝統的な大樽、またはバリックで熟成
    • 貴腐甘口: 規定なし
ラベル表示

原産地呼称DACを含む)は、裏ラベルがない場合、表ラベルに記載しなければならない。貴腐甘口ノイジードラーゼーDACリザーヴの原産地呼称は、アペトロン、イルミッツ、ポダースドルフのいずれかの自治体で生産されたブドウを使用すれば「ゼーヴィンケル 」の記載が認められる。

地質

ノイジードラーゼーのワイン生産地域は、ほぼ平坦な砂利の平原ゼーヴィンケルと、パルンドルファー・プラトーが特徴的です。パルンドルファー高原は、ドナウ川の更新世の谷底が南東に向かって深くなり、新しくなっていくことで形成されています。砂利は粘土砂質で、石英に富み、炭酸塩(石灰岩、ドロマイト)をほとんど含まず、常にロームに覆われています。砂利の下は、パノン湖からの細粒で一部石灰質・ドロマイト質、シルト・粘土質、場所によっては砂質の堆積物で構成されています。これらのブドウ畑は、台地から湖に向かって北西から南東に面した斜面に位置しています。ゼーヴィンケル礫岩も石英に富んでいますが、かなりの割合で炭酸塩(石灰岩、ドロマイト)が含まれており、風化はわずかで、細粒の主に石灰質の堆積物が局所的にかぶさっているのみです。

 

 

 

料理のヒント

これらのワインは深みのある果実味を持つため、ローストビーフやセント・マーティンズ・デイの伝統的なガチョウ料理など、伝統的なパノニア料理にぴったりです。リザーヴワインは、ジビエ料理の煮込みや、主張の強い牛肉の調理法にも効果的に合わせることができます。ノイジードラーゼーDACのワインは、その絶妙なバランスのため、国際的なお料理にもよく合います。

 

リンク

法律上の規定ノイジードラーゼーDAC (ドイツ語)

地図

地質学

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.