[Translate to Japanisch:]

ショイレーベ (Scheurebe)

ショイレーベはリースリングとブッケトローブの交配種で、1916年にドイツ人ぶどう栽培者Georg Scheuによって生み出されました。ショイレーベは、クロスグリやトロピカルフルーツ、核果のはっきりとしたブーケにより、アロマの強い品種として考えられています。

起源

Deutschland, Alzey

系統

Züchtung aus Riesling und Bukettraube

ヴィンヤードエリア

357 ha, 0,8%

A picture shows grapes of the grape variety Scheurebe
© AWMB / Oberleitner

原産地:ドイツ、ブドウ栽培国家施設、アルツァイ。

起源:起源:1916年にゲオルク・ショイにより“ゼームリング”としてからの種苗品種として、アルツァイにある国家ブドウ栽培施設で生み出された。ショイは彼の若い苗木の全てに順に番号を振っており、この品種の実生番号は88であったため、ゼームリング88は“ショイ・ブドウ”、或いはショイレーベの同義語となった。

栽培面積:357ha、0.8%

ほとんどがブルゲンラントとシュタイヤーマークで栽培される。1999年から2009年の間に、この品種のオーストリアにおける全栽培面積は25%落下。従って、重要性は下降している。

ブドウ分類学上の重要点

:中位のサイズ、円形、深い切れ込み

ブドウの房:中位のサイズ;円筒形;肩の張った;密な、丸形の黄緑の実、典型的なマスカットのニュアンスをもつゼームリンクの風味。

成熟期:中期

重要性、生育要件:重要性は減少しつつある。ノイジードラーゼーにおいては、TBA、シュトローヴァインやシルフヴァインのスタイルが造られる。
畑の良好な立地を要する;乾燥と石灰分に対する高い耐性、そして冬霜にも強いことが知られている。

ワイン:完熟したブドウのみがフル・ボディのワインをもたらす。未熟なブドウではゼームリング・トーンがアカラサマで、不快。しっかり完熟させれば、プレディカーツヴァインにもなる。

リンク

アロマティック品種

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie 1x im Monat Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.