[Translate to Japanisch:]

ソーヴィニエ・グリ (Souvignier Gris)

ソーヴィニエ・グリは菌類病に耐性のある品種で、ノルベルト・ベッカーによって交配された。主にシュタイヤーマルクで栽培されている。収量過多になりやすい性質のため、葡萄の芽かきが必要となる。

起源

フライブルク、ドイツ

系統

カベルネ・ソーヴィニヨンとブロンナー(Bronner)の交配。

ヴィンヤードエリア

栽培面積の公式な記録はまだない

A picture shows the leaf and grape cluster of the Souvignier Gris, © AWMB/Blickwerk Fotografie.
© AWMB/Blickwerk Fotografie

葡萄品種学的な重要な特徴:
葉:五角形で5つの裂片、とじているか、軽く重なりあう葉柄をもつ。

葡萄の房:中庸から大きめで、隙間が多いバラ房、円柱状で小さな第二の翼がある;果粒は円形から卵型で、赤い果皮、ニュートラルな風味。

成熟:中から早い

特徴、状態:ソーヴィニエ・グリは菌類病の耐性をもつPIWIタイプの一種で、ウドンコ病とベト病に強い耐性を持つ。歯の周りに隙間が多く、頑丈な果皮によって降雨が多いエリアでもカビから保護される。

ワイン:ニュートラルなアロマを呈し、抽出が豊かでパワフル、しっかりとしたワインとなり、どこかピノ・グリと似ている。

NEWSLETTER

Be the first one to know the latest news in the world of Austrian Wine!

Erfahren Sie 1x im Monat Neuigkeiten vor allen anderen und sicher Sie sich die aktuellsten Themen aus der Welt des österreichischen Weins. • Hintergrundinformationen • Eventeinladungen • Gesetzesänderungen Noch nicht überzeugt? Sehen Sie sich hier unseren aktuellen Newsletter an.