[Translate to Japanisch:]

ソーヴィニエ・グリ (Souvignier Gris)

ソーヴィニエ・グリは菌類病に耐性のある品種で、ノルベルト・ベッカーによって交配された。主にシュタイヤーマルクで栽培されている。収量過多になりやすい性質のため、葡萄の芽かきが必要となる。

起源

フライブルク、ドイツ

系統

カベルネ・ソーヴィニヨンとブロンナー(Bronner)の交配。

ヴィンヤードエリア

栽培面積の公式な記録はまだない

A picture shows the leaf and grape cluster of the Souvignier Gris, © AWMB/Blickwerk Fotografie.
© AWMB/Blickwerk Fotografie

葡萄品種学的な重要な特徴:
葉:五角形で5つの裂片、とじているか、軽く重なりあう葉柄をもつ。

葡萄の房:中庸から大きめで、隙間が多いバラ房、円柱状で小さな第二の翼がある;果粒は円形から卵型で、赤い果皮、ニュートラルな風味。

成熟:中から早い

特徴、状態:ソーヴィニエ・グリは菌類病の耐性をもつPIWIタイプの一種で、ウドンコ病とベト病に強い耐性を持つ。歯の周りに隙間が多く、頑丈な果皮によって降雨が多いエリアでもカビから保護される。

ワイン:ニュートラルなアロマを呈し、抽出が豊かでパワフル、しっかりとしたワインとなり、どこかピノ・グリと似ている。