[Translate to Japanisch:]

ゴールドムスカテラー (Goldmuskateller)

このイタリア固有の葡萄品種はゲルバー・ムスカテラーとの関連性があるとされる。2018年に初めてオーストリアで認可された。

起源

北イタリア

系統

ゲルバー・ムスカテラーと不明な品種の交配と推測される

ヴィンヤードエリア

公式な記録はまだない

A picture shows the grape cluster and leaf of the Goldmuskateller, © AWMB/Blickwerk Fotografie.
© AWMB/Blickwerk Fotografie

葡萄品種学的な重要な特徴:
葉:円形から五角形で3から5の裂片、鋭く尖った歯と開いた葉柄をもつ。

葡萄の房:中庸で、隙間が多いバラ房、濃い黄色の果粒で硬い果皮をもつ。

成熟:遅い

特徴、状態:ゴールドムスカテラーは2018年にオーストリアで認可された品種。温暖で霜害のリスクが少ない石灰質土壌を好む。

ワイン:マスカット葡萄の特徴を呈し、フルボディで黄金色。果実風味が際立っているが、酸味によって新鮮さが感じられる。辛口ワインも造れるが、主に甘口に仕立てられる。