[Translate to Japanisch:]

ヴルカンラント・シュタイヤーマーク (Vulkanland Steiermark)

ズュートオストシュタイヤーマルクのワイン畑風景に魔法のタッチを加えるのは、ブドウ畑の中に点在する、はるか昔に活動を休止した死火山にの見事な堆積土による肥沃な斜面の畑です。1524ヘクタールの畑は、クレッホ、サンクト・アンナ・アム・アイゲン、シュトラーデンというワイン生産村の周囲に、コンパクトな形で広がっています。魅惑的な、大変に強い香りのトラミーナーが、この地域の名産ですが、大半のワインは、ブッシェンシャンクを通して、またはセラードアで販売されています。

ヴィンヤードエリア

1.524 ha

最も重要なブドウ品種

Welschriesling, Weißburgunder, Sauvignon Blanc, Traminer

最も重要なワインの場所

Hartberg, Fürstenfeld, Kapfenstein, St. Anna am Aigen, Klöch, Straden, Bad Gleichenberg

この地域は何世紀にもわたって、継続的な国境紛争の中心となってきました。威容を誇る城や、玄武岩の崖の縁に誇らしげに建てられた城砦都市があるのはそのためです。もちろん国境は今や開放されており、リーガースブルクの城やシュロス・カップフェンシュタインや他の会場は、文化と食のイベントがいろいろと開催される中で、魅力的な雰囲気を提供しています。

ヴルカンラント・シュタイヤーマルクのワイン産地では、ヴェルシュリースリングとピノファミリー、つまりモリヨン、ヴァイスブルグンダー、グラウブルグンダー(順にシャルドネ、ピノ・ブランピノ・グリ)から、ゲルバー・ムスカテラー、様々なトラミナー系品種、ソーヴィニヨン・ブランと小さな区画のリースリングまで、実に多様なワインが生産されている。

これらは全てヴルカンラント・シュタイヤーマルクDACの基盤を形成してる。オルツヴァインのレヴェルでは、例えばクレッヒのトラミナーやシュトラーデンのグラウブルグンダーといった地元で主となる品種が使用される。面白い赤ワイン、特にブラウアー・ツヴァイゲルトから造られるものは、ヴルカンラントのワインの豊富なパレットを完成させ、'シュタイヤーマルク'の原産地呼称で販売される。これらのワインに共通する重要な要素として、この地域の特徴的な地質学的要因からくる上質でミネラル様のスパイシーさがある。4つのワイントレイルは、丘が連なる壮大な地形を巡り、ザンクト・アンナのワインショップではシュタイヤーマルク全域のワインが揃い、俯瞰することができる。火山断層に沿って分布する温泉やスパリゾートも観光地としてあげられる。

この地域の北、ハートベルクの近くの標高650メートルの土地に、リンクコーゲルという畑があり、この畑はオーストリアの中でも最も高い場所にあるブドウ畑です。気候はイリリア気候、つまり、暑くて乾燥したパノニア平原の大陸性の影響が、温かくて湿り気を帯びた地中海の影響と出会う場所です。ブドウの大半は、温かい火山性の凝灰岩、玄武岩、砂、ローム、風化した片岩と片麻岩の土壌に植えられています。

シュタイヤーマルクのヴォルケーノケンランドは、観光目的としては、オーストリアの中でも最も手つかずの土地です。完全なサイン表示がしてあるテーマ別のハイキングコースは、魔法的な景色へと旅行者を導いてくれるでしょう。そのあとにはおそらく、フレンドリーなブッシェンシャンクで、地元のワインを味わいながら、土地の名物料理に舌鼓を打つというのはどうでしょうか。その時はシュタイヤーマルク名産の、有名なパンプキンシードオイルを味わうのを忘れずに。

The picture shows the region Vulkanland Steiermark
© AWMB / Anna Stöcher

リンク

ズュートオストシュタイヤーマルク DAC

地図

地質学